>

ものを収納できる棚

自分で作ってみよう

トイレに棚がなくて困っているなら、自分で棚を作ってください。
突っ張り棒と板があれば、簡易的な棚になります。
壁と壁の間に突っ張り棒をはめて、その上に板を乗せれば良いだけなので手軽です。
さらにこの方法は、壁を傷つけなくても良い面がメリットです。
自分が所有している物件なら何をしても良いですが、賃貸では壁を傷つけることはできません。

退室する時に傷があることを管理人に知られると、高額な修理費を請求される可能性があります。
余計な出費に繋がるので、壁を傷つけない方法で棚を作ってください。
突っ張り棒も板も、100円ショップで購入できます。
これまでもDIYをしたことない人でも上手に作れるでしょうから、挑戦してみましょう。

高さを変更できる

小物を見られたくないなら、棚をかなり上の位置に設置してください。
それなら、用を足している時も気になりません。
しかしトイレットペーパーが上の位置にあると、取り出すのが難しくなります。
背の低い人はいちいち脚立を持ってこなければいけないので、余計な手間が増えます。
トイレットペーパーの交換がスムーズにできるよう、高さを調整してください。

またあまりにも上の位置に芳香剤があると、香りが下まで届かない可能性があります。
芳香剤を使っている意味がないので、その時はもう少し棚の位置を下げましょう。
自分で棚を作るメリットは、いつでもサイズや高さを変えられる部分です。
使っていて不便だと思ったら、そのたびに改善してください。


この記事をシェアする