トイレを生まれ変わらせる

必ず、トイレでトイレットペーパーを使います。 しかし無造作にトイレットペーパーを置くとオシャレに見えないので、トイレットペーパーホルダーを購入してください。 その中に入れればオシャレに見えますし、生活感もなくせます。 雑貨屋で、トイレットペーパーホルダーが売られています。

臭い対策をしておこう

トイレは、嫌な臭いがこもってしまうことが多いです。 対策をするために、芳香剤を使ってください。 ただ市販の芳香剤をそのまま置くのはオシャレではないので、ボックスやカゴに入れて収納しましょう。 ポイントは、目線よりも高い位置にボックスを置くことです。

ものを収納できる棚

やはり棚がなければ、収納スペースが狭くなってしまうので不便です。 棚がないなら、作ってください。 自分で、棚を作っても良いと思います。 作ると言っても、難しくないので大丈夫です。 材料も少しですし、工具も必要ありません。 誰でもすぐに、棚を完成させられます。

トイレットペーパーを見せない

快適に用を足せるように、オシャレな雑貨を置いてください。
今は機能性が高い雑貨も増えており、特に人気なのがトイレットペーパーホルダーです。
これまでは、トイレットペーパーをそのまま棚や床に置いていたでしょう。
しかしそれでは、生活感が丸見えなのでオシャレなではありません。
オシャレに見せたいなら、トイレットペーパーホルダーを使ってください。
床に設置するタイプのホルダーもありますし、吊るすタイプのホルダーもあります。

芳香剤を使っている家庭も多いですが、見えていると生活感が出てしまいます。
そこで芳香剤は、オシャレなボックスに入れて隠してください。
100円でも購入できるので、出費が増えることはありません。
同じように、トイレを洗うためのブラシや洗剤もボックスに入れて見えなくしておきましょう。
それらを隠すだけでも、生活感がなくなってオシャレに見えます。
さりげなく生活感を隠すことを、心がけてください。

トイレに棚がないと、ボックスを置いたりできないので不便だと思います。
そこで、収納のために棚を新しく取り付けてください。
突っ張り棒と板があれば、自分で棚を作ることもできます。
この方法は釘などを使わなくて良いので、壁を傷つける恐れがありません。
賃貸で暮らしている人でも活用できる方法なので、棚がない人はまず棚を作るところから始めるのがおすすめです。
DIYの初心者でもできる方法なので、材料をさっそく買ってきて作業に取り掛かりましょう。